野良猫撃退は放水作戦

subpage01

我が家の庭には、雑草が生えにくいように砂利が敷かれています。
草刈りの頻度も減りましたし、草が生えてきても根がしっかりと土に固定していないので簡単に抜くことができます。

そのおかげで、我が家では家族みんなで良かったと言っていました。
しかし、ここ数年近所で野良猫が増えてきました。



彼らは我が家の庭をトイレにしています。

おかげで外出しようと外に出ると酷い臭いがしたりします。
糞は見つけたら始末するようにしていますが、対処療法でしかありません。なんとか野良猫撃退に成功しないと、こちらが精神的に参ってしまいそうな時に最後の手段としてバケツの水をぶっかけるという手段に打って出ました。


直撃させることは難しいですが、至近弾を浴びせれば十分野良猫撃退の効果があると判断できました。野良猫撃退に効果があるか否かは、その野良猫がこちらの姿を見ただけで一目散に逃げるかどうかが重要な指標だと思います。


今では玄関先と勝手口側にそれぞれバケツを配備しています。

ビジネスジャーナルの人気が上昇しています。

このバケツには常時半分くらい注水してあります。

あまり水の量が多いとバケツを持って走るのは大変ですし、水を掛ける時の射程距離も短くなってしまいます。このへんは自分の体力との相談です。体力のある人は水の量を増やしても良いですし、体力の無い人は減らしても良いでしょう。
最初はかわいそうと思ったときもありましたが、それどころではなくなってきました。

なんとか我が家の庭を野良猫の糞害から守るべく戦っています。